黒織部茶碗 くろおりべちゃわん

土器・土製品類 / 江戸 / 岐阜県 

桃山時代/17世紀
施釉陶器
口径14.8cm 器高8.1cm 高台径6.1cm
1口
元屋敷陶器窯跡出土(元屋敷窯)

腰部からほぼ真っ直ぐ立ち上げ、口縁部で肥厚させ外へ開く。体部を沓形に変形させ、丁寧な横方向のヘラ削りで整えた後、口縁部や胴部に筋を付け、縦ヘラで面取りや筋を加えている。内面から胴部外面にかけて、鉄釉を施すが、胴部外面には二方に三角の掛け残しの窓を設けている。口縁部の釉は内外面とも拭き取られる。胴部外面には、鉄絵と掻き取り文様が施され、窓の一方にカルタ風の四角い文様が、もう一方に仮名文字が文様化して描かれる。掻き取り文様は梅花を表し、長石釉でなぞられる。底部は丹念にヘラ削りされ、休部と同じような沓形の輪高台を削り出している。高台内には「一」のヘラ記号がある。

作品所在地の地図

関連リンク

黒織部茶碗チェックした作品をもとに関連する作品を探す

黒織部茶碗
織部黒茶碗
黒織部茶碗
志野織部水指
青織部香炉
ページトップへ