志野織部水指 しのおりべみずさし

土器・土製品類 / 江戸 / 岐阜県 

桃山時代/17世紀
施釉陶器
口径14.0cm 器高12.3cm 
1口
出土地:元屋敷窯周辺

腰部から内に絞りながら立ち上がり、胴上部で最小径となった後、口縁部はやや外反する。口縁端部を面取りして扁平に仕上げている。ヘラ削りして胴下部にロクロ目を強調したような3段の段差をもたせ、さらに胴部の四方を内へ押さえて隅丸の台形状に成形する。口縁部直下から胴上部にかけての側部に、ヘラで面取りした耳を付けている。底部は周辺部を除いて糸切りのままで、腰部との境は面取りされ、円柱状の足を3ケ所に付けている。胴部外面の一方に岩山と樹木、もう一方に荒々しい樹木を描き、底部外面の中央部と底部内面の一部を残して薄い長石粕を施す。共蓋で焼成したため口縁部に鉄釉が流れて熔着した痕が残る。内面底部には、重ね焼きの輪トチン痕が残る。底部外面にはL字状のヘラ記号がある。

作品所在地の地図

関連リンク

志野織部水指チェックした作品をもとに関連する作品を探す

織部茶入
御深井釉花入
志野織部向付
黒織部茶碗
志野織部向付
ページトップへ