美濃唐津花入 みのからつはないれ

土器・土製品類 / 江戸 / 岐阜県 

岐阜県
桃山時代/17世紀
陶器
口径10.5cm 器高29.9cm
1
元屋敷陶器窯跡出土

美濃窯でつくられた唐津風のやきものを美濃唐津と呼んでいる。造形は力強く、胴下部はヘラで段をつくって区分し、縦横にヘラ削り調整をしている。口縁部は大きく開き、胴部と口縁部は不定形な隅丸方形に整え、頸部には大きさが異なる双耳を貼付している。穴を二方に穿つのはこの時代の特徴。体部の一方に丈の高い松、もう一方には芦、口縁部内面には檜垣文を描き、灰緑色の釉を施す。底部は糸切痕を残して露胎となっている。成形・絵付など、織部の特徴をよく表している。

作品所在地の地図

関連リンク

美濃唐津花入チェックした作品をもとに関連する作品を探す

美濃伊賀水指
織部黒茶碗
織部茶入
志野織部水指
黒織部茶碗
ページトップへ