織部黒茶碗 おりべ

土器・土製品類 / 江戸 / 岐阜県 

桃山/17世紀
施釉陶器
口径15.4cm 器高7.3cm 高台径5.8cm
1口
元屋敷陶器窯跡出土(元屋敷窯)

口縁部に縁帯を設け、体部にはヘラによる彫線をめぐらせて強く三角形に変形させる。高台から腰部にかけては露胎で、ヘラ削り調整痕をよく残し、高台内には丸ヘラ削り痕を留める。見込みには浅く緩やかな茶溜りがある。体部の二方に三角状に釉の掛け残しがあり、その部分に黄茶褐色の別種の長石系の釉が掛け分けられている。施文はないが、織部黒茶碗から黒織部茶碗への進展を示す資料である。体部内外面や見込みにも引き出し時の掛け跡を大きく残している。高台脇にヘラ記号を入れている。

作品所在地の地図

関連リンク

織部黒茶碗チェックした作品をもとに関連する作品を探す

黒織部茶碗
青織部向付
黒織部茶碗
織部黒茶碗
志野織部向付
ページトップへ