Kuroribechawan

黒織部茶碗

Details

Kuroribechawan

黒織部茶碗

土器・土製品類 / 江戸 / 岐阜県

桃山時代/17世紀

施釉陶器

口径16.5cm 器高6.7cm 高台径6.5cm

1口

丸みをもつ腰部から胴部が直上し口縁部を外反させた沓形碗で、体部を強く押さえて楕円形に整えている。内面に浅い茶溜まりを設ける。底部には正円形の高台を削り山しているが、高台端部の幅が極めて広く、高台内の削りも浅い。高台周辺の底部をラフにヘラで調整している。胴部の一方に窓を残して鉄釉を施し、窓には梅花文を鉄で描いて長石釉を掛け分ける。焼成不足気味で、長石釉はよく熔けて透明感があるが、鉄釉の熔け具合は不十分で杣子肌となっている。

Related Works

Search items related to work chosen