志野茶碗 しのちゃわん

陶磁 / 安土・桃山 / 岐阜県 

桃山時代/17世紀
施釉陶器
口径13.2cm 器高7.3cm 高台径6.2cm
1口

やや浅めの茶碗で、胴部は膨らみをもって立ち上がり、口縁部は外反する。見込みには浅い茶溜りがあり、重ね焼きのピン跡が残る。胴部外面には、花・渦巻・源氏香・檜垣などの文様を描く。高台はやや径が大きい端正な輪高台を削り出している。高台と高台脇を三角に残して長石釉を掛けており、焼成は良好で、釉はよく熔けて鉄絵は鮮明である。

作品所在地の地図

関連リンク

志野茶碗チェックした作品をもとに関連する作品を探す

黒織部茶碗
黒織部茶碗
志野茶碗
織部黒茶碗
志野織部向付
ページトップへ