Oribegurochawan

織部黒茶碗

Details

Oribegurochawan

織部黒茶碗

土器・土製品類 / 江戸 / 岐阜県

桃山時代/17世紀

施釉陶器

口径16.5cm 器高7.3cm 高台径6.3cm

1口

元屋敷陶器窯跡出土(元屋敷窯)

力強い造形の沓形碗である。内面底部には正円形で深い茶溜まりがある。胴部は内面から指で押し出しており、高台はロクロで削り出した後、ヘラでわずかに調整している。高台内にはヘラで「C」字状のヘラ記号を刻む。高台周辺を三角に掛け残して鉄釉を施す。焼成中に窯炉から引き出したもので、見込みには工具による引っ掻き傷が残る。連房式登窯で焼成したものであり、元屋敷窯操業初期に生産された製品と考えている。

Related Works

Search items related to work chosen