織部茶入 おりべちゃいれ

土器・土製品類 / 江戸 / 岐阜県 

桃山時代/17世紀
施釉陶器
口径3.0cm 器高11.1cm 底径4.8cm
1口

胴部はほぼ直立し、胴部上端で直角に内へ屈曲して肩をつくり、頚部は短く口縁部は強く外反する。ロクロから切り離された後、胴部の上端と中央に沈線を入れる。底部外面の糸切り痕はそのまま残し、底部の周縁をヘラで削る。胴部を指で押さえて変形させている。底部と胴部下端を除いて錆化粧をし、口縁部から濃度の異なる鉄釉を二重に流し掛けている。このようなロクロ成形後のヘラや指による加圧変形など、作為的な調整を行う織部茶入は、元屋敷窯の操業する慶長期後半までを盛期とし、その後の生産量は減少していく。

作品所在地の地図

関連リンク

織部茶入チェックした作品をもとに関連する作品を探す

志野織部水指
織部茶入
青織部香合
織部黒茶碗
青織部向付
ページトップへ