志野織部向付 しのおりべむこうづけ

土器・土製品類 / 江戸 / 岐阜県 

桃山時代/17世紀
施釉陶器
口径13.5cm 器高4.3cm
1口
元屋敷陶器窯跡出土(元屋敷窯)

ロクロ成形後、外面を回転ヘラ削り調整をする。側部は、腰部から短く立ち上がり口縁部はやや内傾する。外面側部は中程に断面三角形の突帯をヘラで削り出し、器形に変化を持たせている。口縁部を入隅四方形に整える。底部には3つの半環足を貼付する。見込みと口縁部外面に鉄絵を描き、全面に長石釉を掛けている。見込みには篭目と蔓草、その周囲に列点をめぐらせ、口縁部外面には二方に太線の間に細線2条を、もう二方には列点と細線を組み合わせた文様を描いている。見込みには重ね焼きのピン痕が3ケ所、底部には4ケ所に残っている。鉄絵のタッチは鮮やかで、長石釉も透明感をもつ。

作品所在地の地図

関連リンク

志野織部向付チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鳴海織部向付
志野織部向付
青織部向付
志野向付
青織部向付
ページトップへ