志野織部向付 しのおりべむこうづけ

土器・土製品類 / 江戸 / 岐阜県 

桃山時代/17世紀
施釉陶器
口径12.8cm 器高5.2cm
元屋敷陶器窯跡出土(元屋敷窯)

ロクロ成形の皿を型打ちして器形を整えた平向付である。底部から腰部へ丸く立ち上がり、口縁部へとわずかに開きながら直上する。内面にはロク口目がかすかに残る。型打ち後に底部から腰部を横に削り、丸みを持たせる。外面底部には半環足を貼付する。胴部外面には紅葉唐草を、内面には聞道文、梅、葡萄を鉄で描き、全面に長石袖を施す。内面には円錐ピンの目跡が残る。また外面底部には、製品と匣鉢の間に用いるトチンの目跡が残ることから、この製品はエンゴロの最下段に詰められたものと言える。元屋敷窯跡でも古い段階の製品であろう。

作品所在地の地図

関連リンク

志野織部向付チェックした作品をもとに関連する作品を探す

青織部向付
志野織部向付
志野向付
志野大鉢
鳴海織部向付
ページトップへ