志野大鉢 しのおおばち

土器・土製品類 / 安土・桃山 / 岐阜県 

桃山時代/17世紀
施釉
元屋敷陶器窯跡出土(元屋敷東窯)

口クロ成形後、型打ちにより隅切四方形に整えた大鉢で、体部の立ち上がりが低い。内面底部にはロクロ目と布目が残り、整形技法を伝えてくれる。ヘラで調整した後、底部の四隅に粘土板を用いた足を貼付している。内面底部にば見事な枝振りの若松を大きく描き、内側面には二重の横線、外側面には檜垣を巡らせる。長石軸の全面施釉で、良好な焼成により釉はよく熔けて乳白色を呈し、鉄絵も鮮明である。内面には8ヶ所、底部には7ヶ所の円錐ピンの目跡や熔着があり、同形の大鉢を重ね焼きしたと思われる。元屋敷束1号窯の最も新しい製品を含む土坑から同じ器形の大鉢が出土している。

作品所在地の地図

関連リンク

志野大鉢チェックした作品をもとに関連する作品を探す

志野向付
志野織部向付
鼠志野向付
青織部向付
志野織部向付
ページトップへ