鳴海織部向付 なるみおりべむこうづけ

土器・土製品類 / 江戸 / 岐阜県 

桃山時代/17世紀
施釉陶器
口径11.2cm 器高4.8cm
1口
元屋敷陶器窯跡出土(元屋敷窯)

鉄分の多い赤土と鉄分の少ない白土を継いだ粘土板を型打ち成形した平向付である。白土部分には銅緑釉を掛け、赤土部分には白土の化粧の上に鉄の細い線で文様を描き、長石釉を施している。見込みには天狗の団扇を拙き、外面側部には黒と白の太い輪を2条の細線で繋ぎ、口縁端部を白土でなぞる。底部外面はヘラ削りで丁寧に仕上げて半環足を3ヶ所に貼付する。見込みには布目痕が顕著で、重ね焼きのピン痕が3ヶ所にみられる.

作品所在地の地図

関連リンク

鳴海織部向付チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鳴海織部向付
鳴海織部向付
志野織部向付
青織部向付
志野織部向付
ページトップへ