志野向付 しのむこうづけ

土器・土製品類 / 安土・桃山 / 岐阜県 

桃山時代/17世紀
施釉陶器
口径12.9cm 器高4.9cm
1口
元屋敷陶器窯跡出土(元屋敷東窯)

ロクロ成形後に四方形に整えた平向付で、底部には半環足を3ヶ所に貼付する。内面底部に樹木を大きく描き、外側面には相対する二方に間道文、残る二方には横線で上下に分割した上段に斜綿、下に列点を配している。長石紬を全面に施しており、焼成も良好で鉄絵の発色もよい。内面底部には4ヶ所の円錐ピン跡、外面底部には大豆大のトチ跡が5ヶ所に残る。体部外面を巡るパターン化した文様帯が特徴的で、同じ文様構成をもつ元屋敷束1号窟の最も新しい段階に焼成した製品と考えている。

作品所在地の地図

関連リンク

志野向付チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鼠志野向付
志野大鉢
志野織部向付
志野織部向付
青織部向付
ページトップへ