鼠志野向付 ねずみしのむこうづけ

土器・土製品類 / 安土・桃山 / 岐阜県 

桃山時代/17世紀
施釉陶器
口径15.4cm 器高4.7cm
1口
元屋敷陶器窯跡出土(元屋敷東窯)

腰部から胴部が短く立ち上がり、口縁部が大きく開く平向付である。口縁部の4ケ所を外へ摘み出して器形に変化をもたせ、底部には半環足を3ヶ所に貼付している。全面に錆化粧を施し、内面底部に芦文、口縁部内面には相対する二方に間道文、残りの二方に格子と網干文を掻き落として、長石釉を全面施和する。焼成は良好で、長石釉はよく熔けて透明化し、下の錆化粧が茶褐色に発色している。内面に3ヶ所、底部に一ヶ所の円錐ビン跡が残る。芦文は大窯最終末の志野でよく用いたモチーフのひとつであり、鼠志野製品を一定量生産した元屋敷束1号窯の新しい段階の製品であろう。

作品所在地の地図

関連リンク

鼠志野向付チェックした作品をもとに関連する作品を探す

志野向付
志野織部向付
志野織部向付
志野大鉢
志野織部向付
ページトップへ