鼠志野額鉢 ねずみしのがくばち

陶磁 / 安土・桃山 / 岐阜県 

桃山時代/17世紀
施釉陶器
口径22.7cm 器高4.6cm
1口

型打ちにより長方形に整え、体部は斜めに開いた額の形状をもつ鉢で、額皿ともいわれる。全面に鉄化粧をし、内面には刻線により文様を施す。底部の4ヶ所に付けられた半円柱状の足を残して長石釉を施す。文様は、口縁部に列点文と波状文の縁取り、見込みには千鳥と網干を表している。長石釉は白く濁り、鉄化粧部分は灰黒色を呈している。大平または大萱の窯で焼かれたものと考えられる。

作品所在地の地図

関連リンク

鼠志野額鉢チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鼠志野向付
青織部向付
志野向付
志野織部向付
青織部向付
ページトップへ