鼠志野草花文鉢 ねずみしのくさばなもんはち

その他の画像全3枚中3枚表示

陶磁 / 安土・桃山 / 近畿 

京都府
桃山
素地は灰白色陶胎で、内面の中程にわずかな段をつけて立ち上がる大型の鉢である。成形は轆轤水挽きの後、変化を加えている。内面の段は緩く、底部を浅くくぼませる。体部は丸みを持…
高8.8㎝ 口径31.8㎝
1口
京都国立博物館 京都府京都市東山区茶屋町527
重文指定年月日:20100629
国宝指定年月日:
登録年月日:
国(文化庁)
国宝・重要文化財(美術品)

鼠志野は志野の一種で、下地に鉄分の多い赤土をかけ、それに長石釉をかけることにより鼠色に発色することから命名されたやきもので、美濃窯の桃山時代を代表する陶器の一つである。
  本作品は、鼠志野では遺例が極めて少ない大型の鉢で、変化ある器形の内面全面に、太湖石を中心に女郎花風の草花文様が、掻き落としによる線刻と絵絵を組み合わせ、見事に一体とした構成として、くっきりと巧みに施されている。鼠志野を代表する優品として貴重である。

作品所在地の地図

関連リンク

鼠志野草花文鉢チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鼠志野鶺鴒文鉢
鼠志野亀甲文茶碗(山端)
鼠志野草花文鉢
鼠志野鶺鴒文鉢
鼠志野向付
ページトップへ