志野山水文矢筈口水指 しのさんすいもんやはずぐちみずさし

その他の画像全2枚中2枚表示

工芸 / 安土・桃山 / 近畿 

兵庫県
桃山時代
素地は黄白色陶胎で、轆轤成形により胴部を筒形に作りだす。底は平底とし、荒い糸切りを残す。胴には全体に縦に大きく篦削りや篦彫りを施し、胴裾には篦削りや篦彫りを巡らす。内面…
高16.8 口径16.0 底径17.1(㎝)
1口
公益財団法人香雪美術館 兵庫県神戸市東灘区御影郡家2-12-1
重文指定年月日:19980630
国宝指定年月日:
登録年月日:
公益財団法人香雪美術館
国宝・重要文化財(美術品)

志野は美濃焼のなかで織部とともに桃山茶陶を代表する焼物で、茶碗や水指などに優品を数多く残している。本作品のような矢筈口水指は、志野水指のなかでは最も作品の数が多い。
 本作品は、胴裾に巡る起伏をつけた二条の篦彫りを施し、その上に鉄絵具で低い山に大きな樹木を、他方には籬や桧垣を奔放に描くが、文様はくっきりと現れる。厚く掛けられた長石釉の釉膚もよく溶けて潤いがあり、胴部にはほどよく緋色の焦げが随所に生じる。なで肩をなす胴部が穏やかな形姿を示し、妙味あふれる鉄絵が施され、志野独特の緋色がことに鮮やかに現れた、志野水指を代表する作品である。

作品所在地の地図

関連リンク

志野山水文矢筈口水指チェックした作品をもとに関連する作品を探す

水指(青海)〈備前/〉
美濃伊賀水指
志野織部水指
鼠志野亀甲文茶碗(山端)
鼠志野草花文鉢
ページトップへ