檜垣文壺〈信楽/〉 ひがきもんつぼ〈しがらき/〉

その他の画像全2枚中2枚表示

陶磁 / 室町 / 近畿 

京都府
室町
素地は灰白色陶胎。長石粒が器面全体に溶けて吹き出し、器表が赤褐色~暗褐色を呈する。胴部全体は粘土紐造りとし四段に積み上げる。肩を中心に篦による横撫でや縦撫での調整を施す…
高42.0 口径12.5 胴径40.3 底径15.0 (㎝)
1口
京都国立博物館 京都府京都市東山区茶屋町527
重文指定年月日:20130619
国宝指定年月日:
登録年月日:
国(文化庁)
国宝・重要文化財(美術品)

 中世を代表する古窯の一つである信楽の壺。強く張った肩や胴部に比較して底部が小さい形など、室町時代初期の特徴をよく示している。口縁部は、信楽に特徴的に見られる、上端近くに一条の凸帯を廻らせた二重口縁。肩に、14 世紀後半~15 世紀に盛んに用いられ、信楽を代表する文様となった檜垣文を廻らす。
 信楽では遺例が比較的少ない室町時代初期に遡る完存に近い大作で現存する檜垣文壺の中では初期に属する。信楽を代表する優品。

作品所在地の地図

関連リンク

檜垣文壺〈信楽/〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

古越前広口壺
古丹波秋草文四耳壺
巴文大壺〈珠洲/〉
珠洲草樹文壺
信楽檜垣文壺
ページトップへ