美濃伊賀水指 みのいがみずさし

土器・土製品類 / 江戸 / 岐阜県 

桃山時代/17世紀
口径16.0cm 器高20.9cm
1口
元屋敷陶器窯跡出土(元屋敷窯)

美濃でつくられた伊賀風のやきものを美濃伊賀という。桃山時代に流行した矢筈口の水指で、胴上部はくびれて頸部となり強い凹線をめぐらせ、胴部中ほどから下には丸ノミによる線彫りを施してタタキやヘラによる面取りで、手づくね風の柔らかい量感をつけている。底部は三方を凹ませて三脚を作り出し、中央に大きく「T」のヘラ記号を煎れている。頸部には粘土紐による半環状の双耳を貼付している。全面に薄い灰釉が施され、さらに口縁部から二方に長石釉を掛け、鉄釉を細長く流し掛けている。美濃伊賀の技法が最もよくみられる秀品である。

作品所在地の地図

関連リンク

美濃伊賀水指チェックした作品をもとに関連する作品を探す

美濃唐津花入
志野織部水指
織部茶入
黒織部茶碗
青織部向付
ページトップへ