志野織部大鉢 しのおりべおおばち

土器・土製品類 / 江戸 / 岐阜県 

桃山時代/17世紀
施釉陶器
口径36.5cm 器高9.3cm 高台径19.5cm
1口
出土地:元屋敷窯周辺

飛雲の中を獅子が飛来する図を力強く描いた大鉢である。細い線や太い線を巧みに使い分けて見事に表現している。内面には三足トチンの目跡が4ヶ所に残る。長石釉を全面に施し、長石釉は薄く透明化し、鉄絵の発色は鮮やかである。灰志野に始まった鬼板を顔料とする絵付は、ここに頂点を迎える。なお、この鉢は、破片として出土したものを、修復している。

作品所在地の地図

関連リンク

志野織部大鉢チェックした作品をもとに関連する作品を探す

志野織部向付
志野大鉢
鼠志野向付
志野織部向付
志野織部向付
ページトップへ