志野織部向付 しのおりべむこうづけ

陶磁 / 江戸 / 岐阜県 

桃山時代/17世紀
施釉陶器
口径15.2cm 器高4.2cm
1口

木の葉を模った向付であろう。ロクロ成形後、型打ちして器形を整えている。見込みには傘と鷺を描き、外側面には横縞をめぐらしている。このような形状の向付は、連房式登窯が導入されて比較的初期の製品と考えられるものである。志野と比較すると長石釉も薄く、鉄絵の発色はさらに鮮やかになっている。元屋敷窯跡から同じ器形で同意匠の絵付の向付が出土している。

作品所在地の地図

関連リンク

志野織部向付チェックした作品をもとに関連する作品を探す

志野織部向付
志野織部向付
青織部向付
志野織部向付
鳴海織部向付
ページトップへ