志野茶碗 しのちゃわん

土器・土製品類 / 安土・桃山 / 岐阜県 

桃山時代/17世紀
施釉陶器
口径13.0cm 器高8.5cm 高台径5.0cm
元屋敷陶器窯跡出土(元屋敷東窯)

丸みをもつ腰部から胴部が直上して口縁部がわずかに外反する半筒形の茶碗。内面底部に茶渕まりを設け、体部を軽く抑圧して楕円形にしている。底部に径が小さめの愉高台を削り出すが、高台内の削りは甘く、内反り風になっている。胴部の三方に串団子、楡違い、渦巻の鉄絵を描き、底部を不定形に残して長石紬をたっぷりと施す。口縁部内面の釉は白濁して剥離が著しい。内面底部には小さな目跡が3ヶ所に残り、小型の製品を入れ子にしたことが鏡える。出土状況は明らかではないが、鉄絵が簡素であるため元屋敷來3号窯(大寒)の製品と推定している。

作品所在地の地図

関連リンク

志野茶碗チェックした作品をもとに関連する作品を探す

志野織部向付
鼠志野向付
志野織部向付
青織部香炉
黒織部茶碗
ページトップへ