御深井釉花入 おふけゆうはないれ

陶磁 / 江戸 / 岐阜県 

江戸時代/17世紀
施釉陶器
口径14.7cm 器高22.2cm 高台径14.0cm
1口

黄瀬戸にみられる立鼓形の花入である。底部から直線的に絞り、胴部中程で最小径をもつ。そこからさらに開いて立ち上がり、口縁部は薄手でやや外反する。胴部外面には丸彫りで、口縁部内面にはヘラで文様をつけ、淡灰黄色を呈する御深井釉を高台内を除いて施す。胴部内面から内面底部の釉は薄く、口縁部内面から外面の釉は厚く、落ち着いた焼き上がりになっている。胴下部には、大きな渦巻文、その上部に2条の横線を丸彫りでめくらし、胴上部には花弁を彫り、その上に渦巻文を施し、口縁部外面には連弁を削り出している。口縁部内面には、2条の圏線をめぐらし、不定形の小さい渦巻文を連ねている。高台は外周を除いて偏平に削り込まれ、端部には熔着痕がみられる。

作品所在地の地図

関連リンク

御深井釉花入チェックした作品をもとに関連する作品を探す

志野織部水指
黒織部茶碗
御深井釉花入
志野茶碗
美濃唐津花入
ページトップへ