御深井釉花入 おふけゆうはないれ

陶磁 / 江戸 / 岐阜県 

江戸時代/17世紀
施釉陶器
口径5.4cm 器高25.8cm 高台径7.8cm
1口

中国の祭祀用の玉器を写した宋代の青磁の意匠を取り入れた花入である。易に使われる算木に似ているところがら、算木手といわれている。型打ちによる4枚の粘土板を貼り合せた作りで、口縁部は短く立ち上げおり上からみると六角形になるように仕上げており、高台は四角に整えている。胴部中央に縦帯をもち、口縁部外画とともに渦巻状の唐草文を施している。このような唐草文は祥瑞の呉須絵にもみられるものである。全面に御深井釉が掛けられ、清涼感のある淡青緑色に焼きあがっている。

作品所在地の地図

関連リンク

御深井釉花入チェックした作品をもとに関連する作品を探す

御深井釉花入
御深井釉向付
御深井釉水指
黒織部茶碗
青織部向付
ページトップへ