御深井釉水指 おふけゆうみずさし

土器・土製品類 / 江戸 / 岐阜県 

江戸時代/17世紀
施釉陶器
口径10.7cm 器高14.8cm 高台径12.6cm
1口
元屋敷陶器窯跡出土(窯ヶ根窯)

下胴部に最大径をもつ水指で、その端整な造形は中国磁器を思わせる。胴部下半は大きく膨らみ、上半は直上し、口縁部には蓋受けを設けている。底部には端部が幅広な幅高台を削り出す。胴部には横線を巡らし、中央にソギを連続して入れ、その上には花を模った双耳を貼付している。高台内を除いて御深井紬を施す。御深井釉とは名古屋城内で行われた御庭焼である御深井焼に由来し、釉調が似ていることからそう呼ばれている。

作品所在地の地図

関連リンク

御深井釉水指チェックした作品をもとに関連する作品を探す

志野織部向付
織部茶入
御深井釉花入
志野茶碗
美濃伊賀水指
ページトップへ