唐物肩衝茶入〈銘松屋/〉 からものかたつきちゃいれ〈めいまつや〉

工芸 /  / 関東 

東京都
南宋
口縁を捻り返し、肩が張り、胴は丸くふくらんで中ほどに一条の刻線を回らし、底は板起こしとした器形。素地は淡い灰褐色で、これに暗褐色の釉薬が薄くかかり、肩胴などの二重にかか…
口径4.8 胴径8.9 高7.8 (㎝)
1口
東京都港区南青山6-5-1
重文指定年月日:19591218
国宝指定年月日:
登録年月日:
公益財団法人根津美術館
国宝・重要文化財(美術品)

足利義政、村田珠光、古市播磨守澄胤を経て、奈良の松屋源三郎家に代々伝えられたところから、「松屋」の銘がつけられた肩衝茶入。「初花」「油屋」などと共に、大名物唐物茶入の名品として尊ばれ、『松屋久重日記』『宗湛日記』などの著名な茶会記に記載されているのが見られる。

作品所在地の地図

関連リンク

唐物肩衝茶入〈銘松屋/〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

唐物肩衝茶入(北野)
肩衝茶入 銘松屋 
丸壺茶入(相坂)〈瀬戸/〉
肩衝茶入 銘 二王
唐物肩衝茶入 銘 松山
ページトップへ