瀬戸丸壷茶入 銘相坂 せとまるつぼちゃいれ おうさか

陶磁 / 南北朝  室町 / 日本 

日本
南北朝~室町時代
高6.4㎝ 口径2.5㎝ 底径2.9㎝
一口
東京都港区南青山6-5-52
根津美術館
重要文化財

相坂の銘の由来は、茶入に添えられた江月(こうげつ)和尚筆の「相坂之記」に、遠州が『古今和歌集』雑下の読みひとしらずの歌「相坂のあらしの風はさむけれど 行ゑしらねはわひつつそぬる」によって命銘したとある。唐物(からもの)の丸壺茶入を写したもので、釉景色は変化に富んでいる。替蓋、仕覆(しふく)、盆などが揃う充実した道具組を持つ茶入である。

作品所在地の地図

関連リンク

瀬戸丸壷茶入 銘相坂チェックした作品をもとに関連する作品を探す

丸壺茶入(相坂)〈瀬戸/〉
肩衝茶入 銘松屋 
文琳茶入  銘 白玉 
唐物肩衝茶入〈銘松屋/〉
井戸香炉  銘 此世
ページトップへ