秋草文壺 あきくさもんつぼ

工芸 / 平安 / 関東 

東京都
平安
素地は灰白色の半磁質で、肩に淡いオリーブ色の自然釉が厚く係、これが胴に数条流下している。成形は轆轤造り、口頸形が喇叭状に開き、肩の張り、裾のこけた壺形、平底板おこし。胴…
高40.6 (㎝)
1口
東京国立博物館 東京都台東区上野公園13-9
重文指定年月日:19490218
国宝指定年月日:19530331
登録年月日:
国宝・重要文化財(美術品)

昭和17年4月に神奈川県川崎市の加瀬山南端の道路拡張工事中に発見されたものである。壺の内には骨が納められていたが、骨は供養埋葬された。
中世初頭の遺品としては、美しい刻文のある壺で陶磁史上貴重な遺品である。

作品所在地の地図

関連リンク

秋草文壺チェックした作品をもとに関連する作品を探す

黄釉牡丹唐草文壺
古丹波秋草文四耳壺
巴文大壺〈珠洲/〉
緑釉手付瓶/埼玉県大里郡岡部町西浦北遺跡第四号住居跡出土
染付魚藻文壺
ページトップへ