緑釉手付瓶/埼玉県大里郡岡部町西浦北遺跡第四号住居跡出土 りょくゆうてつきへい

考古資料 / 平安 / 関東 

東京都
平安
1箇
東京都台東区上野公園13-9/(附)深谷市仲町11-1
重文指定年月日:19860606
国宝指定年月日:
登録年月日:
国宝・重要文化財(美術品)

口頸部を喇叭状に開き、胴部に膨らみを持つ徳利形の手付瓶である。素地は極めて精良で、総体に刷毛塗りによる淡い鶯色の緑釉が薄く施されている。器体は底部を円盤に作り、その上に粘土紐を巻き上げ、轆轤挽きによって成形したものである。頸部と把手周辺には縦に、胴部には横に篦整形が残される。頸部から肩部に貼り付けられた把手は扁平で、細長い板状に造られ下端は剣先形を呈す。底は平底で、周縁を僅かに迫り出させて高台様に造る。

作品所在地の地図

関連リンク

緑釉手付瓶/埼玉県大里郡岡部町西浦北遺跡第四号住居跡出土チェックした作品をもとに関連する作品を探す

二彩浄瓶/福島県郡山市小原田町七ッ池出土
秋草文壺
緑釉四足壺
流釉壺 丹波
黄釉牡丹唐草文壺
ページトップへ