猿投灰釉多口瓶 さなげかいゆうたこうへい

工芸 / 平安 / 中部 

愛知県
平安
やや鉄分を含んだ耐火度の高い胎土を用いた瓶。成形は轆轤挽で、肩の四方につけた四つの注口の頸部には、篦を用いて面を取る。器形は長頸瓶を基本にして、丸く撫でた肩の四方に四個…
総高21.5 口径6.5 胴径16.5 高台径6.2 (㎝)
1口
愛知県陶磁美術館 愛知県瀬戸市南山口町234
重文指定年月日:19750612
国宝指定年月日:
登録年月日:
愛知県
国宝・重要文化財(美術品)

長頸瓶を基本に、まるく撫肩の四方に四個の注口をつけた珍しい器形である。ろくろと箆によって造形した技術は、九世紀前半の初期灰釉陶の水準の高さを物語っている。本品は猿投山山麓古窯趾群の一つ、愛知県西加茂郡三好町大字筋生黒笹三六号窯から出土したものである。

作品所在地の地図

関連リンク

猿投灰釉多口瓶チェックした作品をもとに関連する作品を探す

渥美灰釉芦鷺文三耳壺
灰釉水注 瀬戸
灰釉手付水注
古瀬戸黄釉魚波文瓶
緑釉四足壺
ページトップへ