二彩浄瓶/福島県郡山市小原田町七ッ池出土 にさいじょうへい

考古資料 / 奈良 / 東北 

奈良
一括
重文指定年月日:19870606
国宝指定年月日:
登録年月日:
国宝・重要文化財(美術品)

膨らみを持たせた胴部に、直立した把手を太目に造り、大きな八の字高台を付けた安定のよい浄瓶である。黄白色の陶胎で、焼成は胴下半部が比較的よく焼き締っているが上半部はややあまい。いわゆる二彩で総体に白釉を鹿の子斑状に散し、成形は轆轤仕上げによるきわめて丁寧な造りで、端正な姿をしたものである。瓶肩部にある瓶口は受鉢状に造り、その体部は面取して造る。把手の中ほどには二条の沈線をめぐらし、高台畳付と底は露胎。

関連リンク

二彩浄瓶/福島県郡山市小原田町七ッ池出土チェックした作品をもとに関連する作品を探す

緑釉手付瓶/埼玉県大里郡岡部町西浦北遺跡第四号住居跡出土
灰釉長頸瓶
青白磁瓜形水注
志野山水文矢筈口水指
短頚壷
ページトップへ