宋白地黒掻落牡丹文瓶 そうはくじくろかきおとしぼたんもんへい

工芸 /  / 関東 

東京都
北宋
素地は灰白色の堅い半磁質。総体に白化粧して鉄絵具を二重にかけ、これを掻き落として胴部に牡丹唐草文、方と裾には捻花文を表している。形態は口が小さく、肩がわずかに張り、胴が…
高42.1 胴径19.7 (㎝)
1口
公益財団法人永青文庫 東京都文京区目白台1-1-1
重文指定年月日:19520719
国宝指定年月日:
登録年月日:
公益財団法人永青文庫
国宝・重要文化財(美術品)

堂々とした大型の瓶で、細部に拘泥しないおおらかな篦使い、白黒の対照の妙技を見せており、この種の黒掻落としの優品である。

作品所在地の地図

関連リンク

宋白地黒掻落牡丹文瓶チェックした作品をもとに関連する作品を探す

宋白地黒掻落竜文瓶
唐三彩花文盤
青磁牡丹文瓶
唐三彩花文大盤
黄釉牡丹唐草文壺
ページトップへ