下滝遺跡出土古瀬戸焼の四耳壺 しもたきいせきしゅつどこせとやきのしじこ

土器・土製品類 / 鎌倉 / 静岡県 

浜松市
鎌倉時代/14世紀
1点
浜松市博物館

古瀬戸焼とは瀬戸窯の製品のうち、鎌倉から室町時代までの1群を指します。中世陶器の多くが無釉であるのに対して、古瀬戸は美濃とともに中国陶磁を模してつくられた施釉陶器です。四耳壺や瓶子といった仏教とかかわりの深い器物や各種日常容器類がみられます。中世六古窯の一つです。

作品所在地の地図

関連リンク

下滝遺跡出土古瀬戸焼の四耳壺チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鏡岩下遺跡出土品
中の甲遺跡出土古瀬戸四耳壺に納められた埋納銭
観音堂遺跡出土古瀬戸焼の壺
褐釉巴文四耳壺
小長曽陶器窯跡
ページトップへ