城山遺跡出土唐三彩陶枕 しろやまいせきしゅつどとうさんさいとうちん

土器・土製品類 / 奈良 / 静岡県 

浜松市
奈良時代/8世紀
1点
浜松市博物館

唐三彩は奈良時代ころ、唐(当時の中国)で作られた世界最高の彩色陶器です。浜松市城山遺跡では、発掘調査によって唐三彩の陶枕が3点出土し、都と結びつきのある有力な人物が使用したものと推定されます。陶枕は筆で文字を書く時、右腕の下にしいて使ったものです。

作品所在地の地図

関連リンク

城山遺跡出土唐三彩陶枕チェックした作品をもとに関連する作品を探す

伊場遺跡出土墨書土器
伊場遺跡出土硯(風字硯)
伊場遺跡出土円面硯
伊場遺跡出土転用硯
下滝遺跡出土香炉
ページトップへ