伊庭遺跡出土小型の土製品 いばいせきしゅつどこがたのどせいひん

土器・土製品類 / 弥生 / 静岡県 

浜松市
弥生後期
18点
浜松市博物館

稲作が始まると、豊作の祈願とか収穫の感謝のために、自然の内に宿る「カミ」を祭ることが重要な意味を持つようになりました。実用品でない小さな土器は、実際の生活のようすを再現した祭りに利用していたのでしょう。

作品所在地の地図

関連リンク

伊庭遺跡出土小型の土製品チェックした作品をもとに関連する作品を探す

西畑屋遺跡出土神まつりの土製品 馬形
鳥居松遺跡出土家形土器
西畑屋遺跡出土神まつりの土製品
中津坂上遺跡出土土製模造品 犬形
西畑屋遺跡出土神まつりの土製品 杯、壺形
ページトップへ