蜆塚遺跡出土貝で作った腕輪 しじみづかいせきしゅつどかいでつくったうでわ

骨角・牙・貝製品類 / 縄文 / 静岡県 

浜松市
縄文時代
6点
浜松市博物館

大きな貝殻をブレスレットに加工しました。当時の人々は、石や木や、自然のいろいろなものごとを「カミ」として信仰の対象にしていました。この集落からは、呪術的な儀式などに用いられた土偶や石棒、装飾あるいは権威のシンボルとしての要素をもつ頸飾り、耳飾りや腕輪などの身体装飾品が見つかっています。

作品所在地の地図

関連リンク

蜆塚遺跡出土貝で作った腕輪チェックした作品をもとに関連する作品を探す

蜆塚遺跡出土土偶の破片
蜆塚遺跡出土透輝石の首かざり
蜆塚遺跡出土土製の耳かざり
蜆塚遺跡出土蝋石製の首かざり
蜆塚遺跡出土石皿の破片
ページトップへ