鳥居松遺跡出土家形土器 とりいまついせきしゅつどいえがたどき

土器・土製品類 / 弥生 / 静岡県 

浜松市
弥生後期
1点
浜松市博物館
地方指定文化財

壺の胴部を家の形に作った、全国的にもめずらしい土器です。弥生時代の家を立体的に正確に表現したものとして全国最古です。当時の水田の畦から出土したもので、秋の実りをもとめた祭り用の特別な土器だと考えられます。

作品所在地の地図

関連リンク

鳥居松遺跡出土家形土器チェックした作品をもとに関連する作品を探す

半田山遺跡出土土器棺
伊庭遺跡出土小型の土製品
伊場遺跡出土墨書土器
西畑屋遺跡出土神まつりの土製品 杯、壺形
人面文壺形土器 愛知県亀塚遺跡出土
ページトップへ