下野出流原遺跡出土品 しもつけいずるはらいせきしゅつどひん

考古資料 / 弥生 / 関東 

東京都
弥生
一括
千代田区神田駿河台1-1
重文指定年月日:19820605
国宝指定年月日:
登録年月日:
明治大学
国宝・重要文化財(美術品)

昭和三十九年に発掘調査された弥生時代の再葬墓群から出土した土器、および副葬品の碧玉管玉である。顔面装飾壺形土器は、小形ながら精緻な製作で稀有な形状を呈し、また壺形土器の多くや甕形土器も縄文を地文に太描きの沈線で多彩な文様が施されている。これまでに知られている、東日本の弥生式土器のうち、最大と目されるものをはじめとした大形の壺形土器の存在は、この土器群の特色である。北関東地方における弥生文化の実態をみるうえに欠かせない資料であり、その学術的価値にはきわめて高いものがある。

作品所在地の地図

関連リンク

下野出流原遺跡出土品チェックした作品をもとに関連する作品を探す

新潟県村尻遺跡出土品
磐城楢葉天神原遺跡出土品
壺形土器
山梨県酒呑場遺跡出土品
茨城県泉坂下遺跡出土品
ページトップへ