本郷弥生町出土壺形土器 ほんごうやよいちょうしゅつどつぼがたどき

考古資料 / 弥生 / 関東 

東京都
弥生
1箇
国立大学法人東京大学 総合研究博物館 東京都文京区本郷7-3-1
重文指定年月日:19750612
国宝指定年月日:
登録年月日:
国立大学法人東京大学
国宝・重要文化財(美術品)

 頸部から上を欠損した壺で、多少いびつであるが球形にちかい形態をなし、薄手につくられ、褐色に焼き上げている。破損しているところには羽状繩文を施文し、小さなボタン状の貼付けがある。
 この土器は明治十七年(一八八四)三月二日有坂〓蔵氏により発見されたものである。その後、従来知られていた繩文式土器との相違が学界に認められ、発見地向ケ丘弥生町の地名にちなみ弥生式土器と命名された。そして弥生文化の研究は進められてきたが、その契機となったのは簡素な本土器であり、その学史的意義は大きい。

作品所在地の地図

関連リンク

本郷弥生町出土壺形土器チェックした作品をもとに関連する作品を探す

銅戈鎔笵
大森貝塚出土品
下野出流原遺跡出土品
弥生二丁目遺跡
土面
ページトップへ