磐城楢葉天神原遺跡出土品 いわきならはてんじんばらいせきしゅつどひん

考古資料 / 弥生 / 東北 

福島県
弥生
一括
双葉郡楢葉町大字北田字鐘突堂5-6
重文指定年月日:19870606
国宝指定年月日:
登録年月日:
楢葉町
国宝・重要文化財(美術品)

楢葉天神原遺跡は、阿武隈山系から東流する木戸川河口左岸の段丘上に位置する。昭和五十四年の発掘調査によって、四十七基の土壙墓と二十四基の土器棺墓が集中的に発見され、弥生時代中期の再葬墓群として注目された。本遺品はこれらの遺構から出土した壺形・甕形土器(土器棺)、および副葬品の玉類、石鏃である。

作品所在地の地図

関連リンク

磐城楢葉天神原遺跡出土品チェックした作品をもとに関連する作品を探す

筑前吉武遺跡出土品
下野出流原遺跡出土品
新潟県村尻遺跡出土品
立岩遺跡堀田甕棺群出土品
安国寺甕棺墓群
ページトップへ