筑前吉武遺跡出土品 ちくぜんよしたけいせきしゅつどひん

考古資料 / 弥生 / 九州 

福岡県
弥生
一括
福岡市早良区百道浜3-1-1
重文指定年月日:19870606
国宝指定年月日:
登録年月日:
国(文化庁)
国宝・重要文化財(美術品)

吉武遺跡は福岡市の西部、早良平野を北流する室見川左岸の扇状地上に位置する。総数千二百基を越える弥生時代の甕棺墓、木棺墓が発見された。遺構としては多鈕細文鏡などの豊富な副葬品を伴う三号木棺墓(高木地区)、甕棺二十七基以上を検出した墳丘墓(樋渡地区)など、注目されるものがある。
このうち、今回指定するものは、樋渡、高木、大石の三地区から出土した甕棺・木棺墓の副葬品である。

作品所在地の地図

関連リンク

筑前吉武遺跡出土品チェックした作品をもとに関連する作品を探す

磐城楢葉天神原遺跡出土品
立岩遺跡堀田甕棺群出土品
福岡県田熊石畑遺跡出土品
福岡県平原方形周溝墓出土品
桜馬場遺跡出土遺物(平成19年度調査分)
ページトップへ