地蔵田遺跡 じぞうでんいせき

その他の画像全3枚中3枚表示

史跡 / 東北 

秋田県
秋田市御所野
指定年月日:19961106
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

 地蔵田遺跡は秋田平野中央部に位置する旧石器時代、縄文時代中期、弥生時代に営まれた遺跡であり、雄物川と岩見川の合流点をのぞむ丘陵が開析を受けてできた標高約三〇メートルの段丘上に立地する。この遺跡は秋田新都市開発整備事業に伴い、昭和六十年に秋田市教育委員会が地蔵田B遺跡の名称で発掘調査を実施した。発掘調査の結果、周囲を木柵で囲んだ弥生時代前期の集落跡が発見され注目を集めたが、これを中心とする区域を指定しようとするものである。
 集落は、居住区の周囲を木柵で楕円形に囲み、その周辺に墓域および不用品の廃棄場を配しており、弥生時代の西日本の環濠集落の基本的な構造と共通する。ただ、木柵がめぐる集落は東北地方北部はもとより全国的にもあまり類例がなく、この遺跡の特徴となっている。居住区を画する木柵は、直径二〇センチメートルから三〇センチメートルの木材を密に立て並べたもので、一部で二重にめぐり、内側のものが長径六一メートル、短径四七メートル、外側では長径64メートル、短径五〇メートルである。木柵の北西部分で柵列が一部とぎれ、そこから外側へ二列の柱列が延びており、そこが居住区の主要な出入り口となっていた。この他にも、西部、南部、東南部に柵の途切れるところがあり出入り口と考えられる。柵内部は三軒の円形竪穴住居が、中央の広場を挟んでほぼ等間隔で並んで向かい合い、広場に向けて出入り口を配置する。住居は、直径八メートルから九・一メートルの周溝をめぐらし、中央に炉を据え、炉のまわりに四本の主柱を配する。周溝の途切れるところが出入り口となる。こうした構造の弥生時代住居跡…

作品所在地の地図

関連リンク

地蔵田遺跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

安満遺跡
森山遺跡
黒井峯遺跡
下谷地遺跡
綾織新田遺跡
ページトップへ