大和唐古遺跡出土品 やまとからこいせきしゅつどひん

その他の画像全8枚中8枚表示

考古資料 / 弥生 / 近畿 

奈良県
弥生
一括
奈良県立橿原考古学研究所附属博物館 奈良県橿原市畝傍町50-2
重文指定年月日:19670615
国宝指定年月日:
登録年月日:
奈良県
国宝・重要文化財(美術品)

唐古遺跡(奈良県田本町所在)は、初瀬川の自然堤防の上に長期間にわたって営まれた弥生式時代の遺跡で、大正年間から人物・鹿などの線刻や赤塗の文様を施した土器片が採集された。今回指定の分は昭和十一・二年にかけて京都大学と奈良県との共同調査によって発掘されたものの一部である。写真は丸味を帯びた胴部にやや開いた円筒形の口をつけた平底の壺で、口顎部から胴部上半にかけて、銅鐸に表わされているような流水文が櫛描きされているのが注目される。

作品所在地の地図

関連リンク

大和唐古遺跡出土品チェックした作品をもとに関連する作品を探す

奈良県唐古・鍵遺跡出土品
水注形土器
大和国高市郡牽牛子塚古墳出土品
奈良県橿原遺跡出土品
下野出流原遺跡出土品
ページトップへ