弥生土器 甕

その他の画像全4枚中4枚表示

考古資料 / 弥生 / 大阪府 

出土地:大阪府柏原市・藤井寺市 船橋遺跡出土
弥生時代(後期)・1~3世紀
土製
高14.5 口径12.5
1個

近畿地方では弥生時代後期の後半からシステマティックに土器を製作するようになります。すなわち、茶碗のような形の鉢形土器を基本として、その上にどのように粘土を積み上げるかで甕や壺を作り分けるようになりました。甕は全体を叩きで成形しています。

作品所在地の地図

関連リンク

弥生土器 甕チェックした作品をもとに関連する作品を探す

高坏
高坏
把手付鉢
壺形土器
鉢形土器
ページトップへ