把手付鉢 とってつきはち

考古資料 / 弥生 / 大阪府 

出土地:大阪府柏原市・藤井寺市 船橋遺跡出土
弥生時代(中期)・前2~前1世紀
土製
高12.6 口径9.8
1個

船橋遺跡は、河内平野を水害から守るために付け替えが行われた大和川の流水によって河床から瓦などが露出したことで発見されました。弥生時代には大規模な集落が営まれ、出土した大量の土器は、当該地域の縄文時代から弥生時代にかけての土器研究を大きく進展させました。

作品所在地の地図

関連リンク

把手付鉢チェックした作品をもとに関連する作品を探す

弥生土器 甕
高坏
高坏
鉢形土器
壺形土器
ページトップへ