小長曽陶器窯跡 こながそうとうきかまあと

その他の画像全5枚中5枚表示

史跡 / 中部 

愛知県
瀬戸市東白坂町
指定年月日:19710713
管理団体名:瀬戸市(昭48・12・11)
史跡名勝天然記念物

S44-12-007[[小長曽]こながそ]陶器窯跡.txt: 瀬戸市東部の丘陵にある古瀬戸の窯跡である。瀬戸市周辺にはこれまで800基の古窯が発見されている。うち、古瀬戸の時期に属するのは100基前後であるが、その大部分が盗掘などによって破壊されているなかにあって、本窯跡は最も保存のよいものの一つである。
 窯は丘陵の斜面を利用した半地下式の構造である。昭和23年に日本陶磁協会が主催した発掘調査によると、窯は全長6.7メートル、最大幅3メートル、燃焼室と焼成室の境に分焔柱を、焼成室と煙道(あるいは第2焼成室)の境に障壁を設けて、全体を画然と3部分に分かっている。床面は燃焼室がほぼ水平、焼成室と煙道が30度前後の傾斜となっている。発掘の際、焼成室の床面に、多量の馬爪形器台が整然とした配列をとって熔着している状態が検出された。
 焼成室と煙道の境にある障壁は、下部に6個の通焔口を設けている。通焔口を分かつ柱は、粘土を充填した[[匣]はこ]を積み上げて構築したものである。このような通焔口を持つ障壁は古瀬戸窯跡には珍しく、のちの連房式登り窯の先駆形態ともいうべきものである。
 窯前面の灰原は、盗掘であらされているうえ、林道によって横断されているが、なお多量の陶片を残している。
 出土品には、灰釉の[[四耳壺]しじこ]・[[瓶子]へいし]・水注・仏花器・おろし皿・天目釉茶〓(*1)等々がある。陶器にはほとんど文様がなく、古瀬戸焼のなかでは比較的新しい時期のものと考えられる。実年代は室町時代とすべきであろう。
H11-07-056[[小長曽]こながそ]陶器窯跡.txt: 小長曽陶器窯跡は、わが国を代表する焼き物産地の瀬戸…

作品所在地の地図

関連リンク

小長曽陶器窯跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

九谷磁器窯跡
元屋敷陶器窯跡
徳之島カムィヤキ陶器窯跡
日の出山瓦窯跡
七尾瓦窯跡
ページトップへ