長頚瓶 ちょうけいへい

考古資料  土器・土製品類 / 奈良 / 日本  中部 

奈良時代後期
灰釉陶器 猿投窯製
口径7.1cm 胴径15.6cm 高23.1cm
1点
 

細く長い口縁端部の造りや、口頚部と胴部の接合方法が三段構成である点などに、古式な様相が認められる。鉄分の多い陶土を用い、高度なロクロ技法により、薄手で端正に仕上げられている。灰釉の長頚瓶は、猿投窯[サナゲヨウ]では長期間生産された最も一般的な器種であり、本資料はその初期の作品である。

作品所在地の地図

関連リンク

長頚瓶チェックした作品をもとに関連する作品を探す

短頚壷
灰釉手付水注
横瓶
織部茶入
須恵器 多嘴壺
ページトップへ