Large Jar, Natural glaze

Details

Large Jar, Natural glaze

ceramics / Muromachi

Echizen ware

Muromachi period, 15th century

高46.8 口径17.9

1口

越前(えちぜん)窯は常滑(とこなめ)窯から技術を取り入れて平安時代末に福井県丹生(にゅう)郡宮崎村で始まり、壺・甕(かめ)・擂鉢(すりばち)といった日用の器を生産した。この壺は肩が丸みを帯び、肌は硬く焼き締まって光沢を呈しており、重厚な作風に室町期の越前焼の特色がよくあらわれている。

Search by Large Jar, Natural glaze

Search by Echizen ware

Search by Tokyo National Museum

Keywords

Natural / 常滑 / /

Related Works

Search items related to work chosen