自然釉壺(千葉県香取郡干潟町清和熊野神社境外山林)

その他の画像全2枚中2枚表示

陶磁 / 平安 / 千葉県 

常滑
出土地:千葉県旭市清和乙熊野神社境外山林出土
平安時代・12世紀
高33.1 口径22.7 底径13.4
1口

常滑(とこなめ)窯は平安時代末に愛知県の知多(ちた)半島に成立し、壺・甕(かめ)・擂鉢(すりばち)といった日用の器物を主に生産した。口部から肩にかけて降りかかった自然釉が鮮やかであり、12世紀の常滑焼を代表する作品の一つである。千葉県旭市清和乙の熊野神社境外山林で出土した。

作品所在地の地図

関連リンク

自然釉壺(千葉県香取郡干潟町清和熊野神社境外山林)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

自然釉壺
自然釉壺

常滑

自然釉壺
自然釉壺

常滑

自然釉大壺
自然釉三筋壺
巴文大壺〈珠洲/〉
ページトップへ