自然釉壺 しぜんゆうつぼ

陶磁 / 奈良 

猿投
奈良時代・8世紀
炻器
高24.3 口径12.4 底径16.3
1口

猿投(さなげ)窯は奈良、平安時代の日本を代表する窯である。全体に自然釉(しぜんゆう)が掛かったこの作品は、平安時代にさかんに焼かれた灰釉(かいゆう)陶器の先駆的な作例であり、器形も奈良時代の肩が張った強い造形から平安時代の優美な造形への転換期の様相を示している。

作品所在地の地図

関連リンク

自然釉壺チェックした作品をもとに関連する作品を探す

灰釉大壺
灰釉大壺

猿投

灰釉長頸瓶
灰釉有蓋壺
巴文大壺〈珠洲/〉
灰釉手付水注
ページトップへ